ナビゲーションをスキップする ページの先頭
ログイン
  • トップページ
  • 新着情報
  • 学習教材とは
  • 文字サイズ
知っておきたい株式欄の見方
1  新聞の株式欄の見方

上場している会社の株価を知りたい時には、新聞の株式欄という証券市場に関するページを見ましょう。そこには、証券取引所で売買されている銘柄の株価の動きや売買高などの情報が日々掲載されています。
その中で、前日の株価の動きを一覧にした相場表は、自分が買った銘柄の株価を知るために毎日チェックしましょう。相場表は各銘柄が業種別に分けられ、証券コード番号順に掲載されています。

  • 銘柄(めいがら)
    略称が使われ、例えばトヨタ自動車はトヨタと記載されています。
    新聞の株式欄のイメージ
  • 始値(はじめね)
    その日の最初に成立した値段。
  • 高値(たかね)
    その日成立した最も高い値段。
  • 安値(やすね)
    その日成立した最も安い値段。
    (白抜き数字は、今年の最安値を記録したことを表す)
  • 終値(おわりね)
    その日の最後に成立した値段。
  • 取引の活発な銘柄は、朝9時から午後3時までの取引時間内に、何百回も値段がつきます。そこで株式欄では上の4つの代表的な値段(四本値(よんほんね)といいます)を掲載してその日の値動きを表しています。
  • 前日比(ぜんじつひ)
    前日の終値と当日の終値との比較。△は値上り、▲は値下がり、0は変わらず、-は前日または当日取引が全くなかったことを示します。
  • 売買高(ばいばいだか)
    その日の売買が成立した株数。売買高が急に増えたりした場合は、投資家の注目を集めているといえます。
2  株価指標とその算出方法

株価は、個々の銘柄を見ると、同じ日でも値上がりしている株もあれば、値下がりしている株もあります。
そこで、新聞の株式欄には個別銘柄の相場表の他に、市場全体の値動きを示すものとして株式指標欄が掲載されています。株価指標にはいくつかありますが、代表的なものとしてTOPIX(東証株価指数)と日経平均株価が広く使われています。
いずれも個々の銘柄の値動きではなく、市場全体が上がったか、下がったかを見るためのいわば市場の平均的な株価を見る株価指標として使われていますが、この2つの指標は、計算の仕方がいくつか異なっています。

▼TOPIXと日経平均株価の違い

  • ア)対象銘柄の違い
     対象となっている銘柄が、TOPIXは東証第一部で取引されているすべての銘柄を対象として計算しているのに対して、日経平均株価は日本経済新聞社が選んだ東証第一部(比較的大きな会社が売買されている市場)の主要225社を対象として計算しています。
  • イ)計算方法の違い
     計算の方法も、TOPIXは加重平均株価といって、たくさん株式を発行している大きな会社の株価は、株式をあまり発行していない小さい会社の株価より、その分、多く指数に反映されます。一方、日経平均株価は、株価平均型指数といって、発行株式数に関係なく株価水準の高い銘柄がより多く指数へ反映するように計算しています。
     例えば、A社が10万株、B社は1万株の株式を発行している場合、TOPIXではA社が10円値上がりするのとB社が100円値上がりするのが同じになるように計算しますが、日経平均株価では原則A社もB社も同じ10円の値上がりで計算します。
  • 計算式
    計算式のイメージ
学習教材とはへ戻る
このページの先頭へ戻る
(主催)日本証券業協会/東京証券取引所
Copyright(C) 2007 Japan Securities Dealers Association/Tokyo Stock Exchange, Inc. All Rights Reserved.
被两个男人绑着玩/小草青青手机在线视频/磁力链接搜索/欲盖弄潮高清免费观看